ホームスポンサー広告 ≫ オーガニック野菜は、自然な環境で育てる「有機農法」で栽培された野菜です。ホーム食べ物のはなし ≫ オーガニック野菜は、自然な環境で育てる「有機農法」で栽培された野菜です。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク



オーガニック野菜は、自然な環境で育てる「有機農法」で栽培された野菜です。


オーガニック野菜は、有機野菜とも呼ばれますが、有機農業(有機農法、有機栽培)によって栽培された野菜です。

有機農業は、化学肥料や化学合成農薬などを使わずに、昔ながらのたい肥を使うなど、自然に近い環境で栽培します。

私が子供の頃はまだくみ取り式のトイレで、祖母が作っていた畑は、それを肥やしにして作物を作っていたのを、おぼろげに記憶しています。

今はもう、そんなことしていませんけれど、ご近所の農家のおばさんによると、鶏糞や豚糞などを土に鋤きこむと、ふかふかの良い畑になるのだとか。

やはり、土作りが美味しい野菜のポイントのようです。

今は、技術が発達しているので、便利なしくみもあるとは思いますけれど、小規模な家庭菜園ならともかく、昔ながらの自然に近い農業を、大規模に運営して行くのは苦労が多いのではないかと思います。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ ←気に入ったらポチっと応援
1992年に農林水産省から「有機農産物及び特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」が制定されました。

それによりますと、有機野菜と呼べるのは、化学的に合成された肥料及び農薬を避けた栽培であること、植付け前2年以上の間、たい肥等による土づくりを行った農地で生産された農作物とされています。

そして、2000年からは、日本農林規格 (JAS) の改正によって、農林水産省の登録を受けた第三者機関(登録認証機関)の認証による有機JASの格付け審査に合格することが必要となりました。

つまり、2年以上たい肥などによる土作りをして、栽培を続け、有機JASの審査に合格しないと有機野菜を名乗れないということのようです。

かなり厳しい規格があるのを知って、驚きましたが、それだからこそ、安心して食べられるのでしょうね。

でも、聞くところによると、この手続きや審査が煩雑で、手数料などもかかることから、苦労して有機野菜栽培の環境を調えても、認証を受けない農家さんもあるそうです。

ブログランキング・にほんブログ村へ ← 押されてシアワセ♪

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。