ホームスポンサー広告 ≫ キュウリのことホーム食べ物のはなし ≫ キュウリのこと

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク



キュウリのこと


きゅうりは、漢字で「胡瓜」と書きます。

胡というのは、漢民族が北方の異民族をさす蔑称でした。
あごひげが長い人という意味だそうです。

また「胡」がつく言葉というのは、
シルクロードを渡って入ってきたことも意味します。

きゅうりは、遠くシルクロードを渡って来た、外国の食べ物でした。

ouchigohan003.png

紀元前4000年前にはメソポタミアで栽培されていたそうで、
日本では平安時代頃から栽培されていました。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ ←気に入ったらポチっと応援
きゅうりと言うと、緑色のみずみずしいのを想像しますが、
完熟した実は黄色くなります。

中国や、日本の江戸時代頃までは
黄色く完熟したものを食べていたそうです。

水分が多く、体を冷やす性質があるため。
夏の水分補給に重宝されましたが、

当時は美味しい食べ物とは思われていませんでした。

水戸黄門の徳川光圀などは、
きゅうりには毒があって効能もないので、
植えたり食べたりするな、と言っているそうです。

江戸時代の末期頃までは、
人気のある食べ物ではなかったようですが、

幕末に品種改良が行われて、
味の良いきゅうりが栽培されるようになってきました。

→ 食材うんちく話一覧はこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ ← 押されてシアワセ♪

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。