ホーム食べ物のはなし ≫ サムライブルーの料理人西芳照シェフのこだわり2

サムライブルーの料理人西芳照シェフのこだわり2


サッカーW杯の日本代表が急遽練習をお休みしたそうですね。

ザッケローニ監督の意向で、メンタル面のための休息だったそうで、お店を借り切って、選手とスタッフが秘密の集会を開いたのだとか。

やはり、リラックスして次の試合への活力を高めるためには、おいしい物を食べるって効果があると思います。

oniku.png

「おなじ釜の飯を食う」と言いますけれど、同じ時間に同じ場所で同じ物を食べることって、つながりを強くするものだと思います。

だからこそ、合宿して練習するのですよね。

そういう意味で、西芳照シェフが毎日提供している食事も、ただ栄養面だけではなく、心のつながりも意識しているのでしょうね。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ ←気に入ったらポチっと応援
西芳照シェフのこだわりのひとつ、「ライブクッキング」 という食事提供の方法が、好評なのだそうです。

ビュッフェ式の食事なのだから、できあがった食事を並べておくだけでいいはずなのですが、いくつかのメニューは、あえて、選手たちの目の前で料理して提供することにこだわっています。

たとえば、目の前でジュージュー焼けたステーキ。鉄板の上で焼かれたお好み焼き。トッピングされた鰹節が踊っているようす。熱いラーメンスープをフーフー冷ましながら食べる。そういう状況に、食べる楽しさがあります。

選手たちは、ライブクッキングの調理台の前に列を作り、自分の番が来るのを待って、好きな味付けやトッピングを頼んで、作りたての料理を楽しむのだとか。

きっと、明日も頑張るぞという気持ちになるでしょうね。

【シリーズ記事】


ブログランキング・にほんブログ村へ ← 押されてシアワセ♪

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet