ホーム感想・レビュー ≫ アンデス育ちのキヌアは必須アミノ酸、食物繊維、鉄分豊富な栄養食

アンデス育ちのキヌアは必須アミノ酸、食物繊維、鉄分豊富な栄養食


「キヌア」を食べてみました。

こちらの記事で、キヌアのことを知って、栄養豊富な食品と聞いたので、どんなものか食べてみたかったのです。
    ↓
キヌアの高い栄養とおいしい食べ方

まだ、日本ではあまり知られていない食べ物ですが、現在、アメリカ、ヨーロッパでは人気上昇中だそうなので、近く日本でも話題になるのではないかと思います。

kinua01.png

近くのスーパーでは手に入らなかったので、Amazonさんからお取り寄せしました。パッケージやメーカーはいくつか種類があります
キヌアの粒です。
kunua02.png

直径1ミリくらいかな、見た目はヒエ、アワなどの穀物に似ていますが、実は野菜の種子なのだそうです。

100gあたり、たんぱく質が13.4gも含んでいて、食物繊維、鉄分、ミネラルなど、ハランスよく栄養が含まれています。

アメリカ、NASAが将来の主食になると言ったことから、注目されるようになってきたそうですよ。

ご飯のように炊いたり、茹でたり、煎ったり、して食べます。

今回は、茹でる方法で食べてみました。

まず、キヌアは水洗いして使います。

キヌアの表面にはサポニンという苦み成分がついていて、普通市販されているものは取り除かれてはいます。

でも、念のため水洗いすることで残っているサポニンが除去できます。


お鍋に水とキヌアを入れて火にかけ、15分ほど茹でます。

今回は、キヌア1合を茹でました。

kinua03.png

最初水は適当に入れたのですが、とても水を吸い込むので5~6分茹でたところで水分が少なくなってしまいました。

焦げ付かないように途中で、お湯を足してみましたが、特に支障はなかったようです。

knua04.png

ゆで上がり。残ったお湯を流すためにザルにあけました。
最初はサラッとした状態ですが、そのまま数分おくと、もっちりした食感になりました。

透き通った粒の中に見える、クルッと巻いたヒゲのようなものは、キヌアの胚芽だそうです。

knua05.png

ブチブチした食感が面白い口触りですが、クセのあるニオイや味があるわけではないので、暖かいうちにご飯のようにして食べてもOK。
knua06.png

サラダにしたり、スープにしたり、揚げ物の衣にしたり、工夫しだいで色々な料理に使うことができます。

茹でたり炊いたりしたキヌアは、ラップに包んで冷凍できます。作り置きしておいても便利ですね。

スポンサーリンク



関連記事

コメント

No title

こんばんは!
先日は私のブログに来てくださりありがとうございました。
食育インストラクターのお勉強をされているのですね。
すごく素敵です。
私もくきはさんのようにお料理やパンを作るのが大好きです!
が、ちゃんと勉強したことがなくほぼ自己流です・・・涙
子育て&仕事を理由にちゃんと勉強していません・・・汗
そして、私もくきはさんと同じレシピで塩レモンを漬け込みました!
が、冷蔵庫に入れっぱなしだったので、慌てて外の出したところです。
初コメなのにこんなにダラダラ書いてしまってすみませんi-201
これからもお邪魔させてください!
よろしくお願いします。

れおんかあちゃん | 2014.06.21 21:24 | URL


Re:れおんかあちゃん さん

> れおんかあちゃん さん
こんばんは、
ご訪問とコメントありがとうございました。

塩レモンは、最初の1週間は室温がいいみたいですね。

私はすっかり気に入って、何にでも合わせています。
爽やかで美味しいですよ♪
国産レモンが手に入ったら第二弾をつけようと思ってます。

くきは | 2014.06.22 00:03 | URL














管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet