ホーム食べ物のはなし ≫ 輸入レモンとボストハーベスト

輸入レモンとボストハーベスト


先日、塩レモンを作った時、できるだけ国産レモンを使った方がいいと書きました。前の記事 →話題の「塩レモン」を仕込みました。

その理由は、輸入レモンには、収穫後に農薬や防カビ剤などが散布されているからです。

収穫後農薬、ボストハーベストと言います。

レモンだけでなく、輸入オレンジ、グレープフルーツ等の果物、小麦、トウモロコシなどの穀物、輸入野菜などにも使われています。

日本国内ではボストハーベストは禁止されています。

そして、レモンの輸出国アメリカでも禁止しています。

それなのに、日本へ輸出する時だけは許可されているのです。

船底に積まれて、長い時間かけて運ばれるから、その間には効果がなくなる、というのが言い分ですが、

果たして、本当にそうでしょうか?
最近は輸入レモンに使ってある農薬の表示もするようになってきました。

よく使われているものは、以下の通りです。

OPP(オルトフェニルフェノール)
発がん性があり使用禁止農薬です。柑橘類などにワックスに混ぜて使われます。

TBZ(チアベンタゾール)
農薬として国内での使用は認められていますが、ボストハーベストは認められていません。
ワックスに混ぜて柑橘類に吹き付けられています。

イマザリル
アメリカで男性用経口避妊薬として特許取得されている薬剤です。

2,4-D (2,4-ジクロロフェノキシ酢酸)
除草剤として一般に使われている農薬、ベトナム戦争で使われた枯れ葉剤の成分です。

他にも色々あるようです。

一応、体には影響がないということで、国が許可して売られているわけですが、かなり心配ですよね。

できるだけ国産のものを食べるのが一番の対策ですけれど、まったく輸入品を食べないわけには行きません。

果物の場合は表面を塩でよくスリ洗いしてから、水に放してしばらく置いておくと、農薬のほとんどを流すことができるそうです。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet