ホームお家ごはん ≫ タケノコのアク抜きのしかた

タケノコのアク抜きのしかた


タケノコのお味噌汁はアク抜きをせずそのまま作った方が美味しいですが、その他、煮物や混ぜご飯などに使うにはアク抜きしてから使います。
→ たけのこのみそ汁。アク抜きしないで作れます

また、タレノコは掘り出してから時間が経つとエグ味が強くなりますので、できるだけ早めにあく抜きするのがコツです。

takenokomisosiru02.png
アク抜きにはできれば米ぬかがあるといいのですが、手に入らなかったので、米のとぎ汁を使いました。

外皮を剥いたタケノコを大きめの鍋に入れて、ヒタヒタくらいまで米のとぎ汁を入れます。

米ぬかを使う場合は、水をヒタヒタまで入れて、米ぬかひとつかみくらいを入れます。

akunuki01.png

吹きこぼれ防止のために、鍋に菜箸を渡して、上に鍋ぶたをして火にかけます。

沸騰してきたら吹きこぼれないくらいの弱火にして、約2時間くらい煮ます。

akunuki02.png

出で来るアクはとらないでそのままで構いません。

タケノコが柔らかくなってきたら火を止めてそのまま半日~1日置きます。

akunuki03.png

その後、タケノコを水洗いして冷蔵庫で保存します。

akunuki04.png

そのまま乾燥しないようにビニール袋などに入れておけば5~7日くらい持ちます。

もっと長期間保存する時には、大きめのボールや鍋に水を張った中にタケノコを入れて、冷蔵庫保存します。

時々水を替えながらいれば、10日前後保存できます。

タケノコをそのまま冷凍するとスジっぽくなってしまいますが、煮物などにしてから冷凍すれば、後で解凍して美味しく食べられます。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet