ホーム食べ物のはなし ≫ チンゲンサイ(青梗菜)について

チンゲンサイ(青梗菜)について



チンゲンサイ(青梗菜、)は、アブラナ科の野菜で、日本で食べられている中国野菜の中では一番ポピュラーですね.。

ちんげん菜


原産地は中国の華南地方で、1970年の日中国交回復の頃に日本に入ってきたと言われています。

旬は秋ですが、育成機関が40~50日と短期間で育つため、ハウス栽培で年間を通して食べることが出来ます。

やわらかい葉は緑色で、肉厚の軸の部分は薄い緑色で、アクがなく煮崩れしないため、炒め物や煮物、スープなどに使われます。

栄養素としては、ビタミンA、C、β-カロテン、カルシウム、鉄分、カリウムなど。ミネラル、食物繊維が豊富な緑黄色野菜です。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet