ホーム食べ物のはなし ≫ 春雨(はるさめ)について

春雨(はるさめ)について


春雨 (はるさめ)は、緑豆やジャガイモやサツマイモからとったデンプンから作った乾燥させた麺です。

もともとは中国で1000年以上も前から、緑豆のデンプンから作られていました。

harusame.png

日本には、鎌倉時代頃には入って来ていたそうです。

日本では昭和10年頃にジャガイモのデンブンから作られて、春雨という名前で呼ばれるようになりました。
奈良県が主な産地です。

中国の緑豆春雨は輸入されて日本へも入って来ています。

近年ではスーバーなどでもよく見られるようになりましたね。

春雨はダイエットスープなどに入っていたりしてヘルシーなイメージがありますが、原料はデンプンなので炭水化物です。

こんにゃくから作る糸こんにゃくやしらたきしとは違って、ややカロリーが高いですが、乾燥したものを戻して食べるので、1回に食べる量は10g (34Kcal) 前後と少なく、カロリーの摂りすぎにはなりにくいです。

マグネシウム、カルシウム、カリウムなどのミネラル分も含んでいルヘルシーな食材です。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet