ホームお家ごはん ≫ 聖護院かぶのあんかけ煮

聖護院かぶのあんかけ煮


義母さんから大きな聖護院かぶをいただいたので、あんかけ煮を作りました。

聖護院は辛みもないし、やわらかいので、トロトロやわらかく煮えます。

Syougoinankake01.png
聖護院 直径20cm以上。丸ごと1個いただくと、煮物、お漬け物、味噌汁にと、色々に使えて助かります。

Syougoinankake02.png


一度に煮るのは、いつも8分のくらいです。

丸いので、いつも切るのに悩むのですが、適当に1口で食べられるくらいの大きさにカット。

大根のように下ゆでは不要なので、煮汁ーに入れてコトコト煮るだけです。

Syougoinankake03.png

今回は、あんかけにしたいので、だし汁を多めにしました。

だしじるカップ2強。材料がかぶるくらいの量です。

酒 大さじ2.砂糖大さじ2、醤油大さじ2の煮汁りなかに聖護院を入れて、やわらかくなるまで煮ます。

Syougoinankake04.png

お箸がスッと入るくらい柔らかくなったら、片栗粉 大さじ1,水大さじ3の水溶きカタクリ粉を回し入れて、煮汁にとろみがついて透明になればできあがり。

片栗粉の代わりに、吉野くずを使うと、さらに口触りが良く高級感が出ます。

Syougoinankake05.png

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

トラックバック

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet