ホーム食べ物のはなし ≫ アスパラガスについて

アスパラガスについて


アスパラガスは、多年生の草本植物で、植物体系によってユリ科に含められていたり、クサスギカズラ科に属していたりするそうです。

たくさんの種類があり石刁柏(せきちょうはく)とも呼ばれます。

aspa.png

私達が食用にしている栽培作物のアスパラガスは、原産が地中海東部で、和名はオランダキジカクシ、オランダウド。

日本・中国・朝鮮にははキジカクシ、クサスギカズラなどが自生しています。

アスパラガスの種類の中には、観賞用のものもあって、江戸時代にオランダ船から入ってきました。

食用のものが日本に入ってきたのは明治時代で、栽培がはじまったのは大正時代だそうです。
栽培する時に、土寄せして栽培した白いものを「ホワイトアスパラガス」と呼び、土寄せしないで普通に育てたものを「グリーンアスパラガス」と言います。

以前は、お店でホワイトアスパラガスも見かけましたが、最近は缶詰や瓶詰めなどで売られている他はグリーンアスパラガスの方がが多いですね。

ホワイトとグリーンの栄養価を比較した場合はグリーンの方が上回っているそうです。

グリーンアスパラガスは、ビタミンB群や亜鉛・銅などが比較的豊富で、フラボノイドの一種ルチンが多く含まれ、抗酸化活性作用のあるフェノールカルボン酸類も含んでいます。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet