ホーム発酵食講座受講記 ≫ 発酵食スペシャリスト養成講座4回目の課題が返ってきました

発酵食スペシャリスト養成講座4回目の課題が返ってきました


発酵食スペシャリスト養成講座の4回目、最終課題が却ってきました。

学び始めたのが昨年10月末頃なので、4ヶ月半くらいかかりましたね。

規定が4ヶ月で、最大延長6ヶ月なので、マアマア順調な学習だったと思います。

hakkokadai04-2.png

発酵食スペシャリスト養成講座の課題は、筆記試験2回、実習レポート2回だったので、
筆記試験が少なかった分、ちょっと楽だったかな。

それでも、自分でちゃんと発酵食を作っていないと、レポートも書けないけれど。

そして、4回目の結果は……
ABCの3段階での評価のうち、Aの評価をいただきました。

よかった♪

hakkokadai04.png

当然、結果が良かったのも嬉しいのですが、色々な発酵食と出会えたのが何より嬉しいです。

これまではあまり意識して食べていなかったので、学ぶことであらためて発酵食の良さを感じました。

古くから和食の中に溶けこんで支えていたのが、味噌や醤油、お酒、酢などの調味料。

そして、その基になる「麹」。

微生物の働きが、私達の日常に生きているのだなと、感慨深く感じました。

これからも、日本独特の伝統食を大切にして行きたいと思います。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet