ホーム食べ物のはなし ≫ プリンについて

プリンについて


プリンは、英語のプディング(pudding)のことです。

プディングの語源は古い英語の puduc で、「腫れ物」の意味でした。

もともとは蒸し料理の一ジャンルでしたが、後にゼラチンやコーンスターチで固めるものもプディング(ケミカルプリン)と呼ぶようになりました。

pdding.png

ライスプディング、ブラックプディング、ヨークシャー・プディング、チョコレートプディングなど、デザートも、お食事用のプデングもあります。

日本での「プリン」はpuddingと発音した言葉を、日本人がプリンと聞き取ったという説、また、ブリンブリンしているその食感から呼ばれたという説もあります。

日本でプリンと言えば、カスタードプリンを指すことが多いですね。
卵・砂糖・牛乳を合わせて熱を加え固まらせたお菓子で、日本に伝わったのは江戸時代後期から明治時代初期と言われています。

カスタードプリンは、もともとイギリスの家庭で、残ったパン屑や小麦粉に、卵とありあわせの果物などを入れて蒸したリサイクル料理でした。

涼しいところにつるして保存すると1年以上食べられたそうで、船で食べる食料として使われていたこともあったとか。

プリンが1年以上保つというのは、今の感覚ではちょっと考えられないのですが、塩やスパイスを入れていたそうなので、今の味とは違っていたのでしょうね。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet