ホーム食べ物のはなし ≫ チャウダーとは

チャウダーとは


チャウダー (chowder) は、魚介類と、じゃがいも、ベーコン、クリーム等を入れたスープです。

アサリなどの二枚貝(clam)を入れると「クラムチャウダー」、トウモロコシをいれると「コーンチャウダー」、白身魚入りは「フィッシュチャウダー」と呼ばれます。

asarichawder05.png

アメリカ合衆国は移民によって作られた国なので、もともと来た国によって、使われる具材が違っているとのこと。

たとえば、イギリスからの移民が多いボストンでは、クリームを使ったチャウダーが食べられていて、イタリアからの移民が多かったマンハッタンでは、トマト味のチャウダーが好んで食べられているそうです。
チャウダーという語源は、いくつか説があります。

ひとつは、アメリカの俗語で食事の意味「チャウ (chow)」から来ているという説。

また、フランス語の煮込みという意味の「ショーディ エール(haudie're)」からという説。

魚介が入って濃厚なのでシチューと思われることもありますが、チャウダーは分類としてはスープです。

シチューがメインディッシュになるのに対して、スープはメインの前に飲むもので、メインディッシュになることはありません。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet