ホーム食べ物のはなし ≫ がんもどきとは

がんもどきとは


がんもどき(雁擬き)は、豆腐に、山芋や人参、ごぼうなどり野菜を混ぜて丸く形作って揚げたものを言います。

ganmo02.png

もともとは、精進料理で、肉の代用として作られたのがはじまりで、雁の肉の味に似せて作ったことから「雁もどき」なのだという説があります。
江戸時代には、こんにゃくを油で炒めたものを「がんもどき」と呼ぶことがあったようです。

関西では飛竜頭(ひりょうず、ひろうず)等と呼ぶそうですが、これは、ポルトガルのお菓子のフィリョースが語源だという説、
同じくポルトガル語の肉団子「ヒロズ」が語源という説があります。

おでんに入れたり、だし汁たっぷりにして含め煮にして食べたりします。

また、網焼きにして、熱々を七味醤油で食べても美味しいです。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet