ホームお家ごはん ≫ ふろふき大根

ふろふき大根


叔母から太い大根をたくさんいただいたので、ふろふき大根にしました。

大きいけれど瑞々しくて柔らかくて美味しい大根です。

frofukidaikon01.png
叔母が言うには、葉っぱ近くの部分が甘味があって美味しいよとのことなので、緑がかっている部分も含めて、12~13cm厚さに切りました。

青首大根の緑の部分は、土から出ているところなので、パリパリ固めかなと思って、いつもはその下の部分から使っています。

でも、今回は、叔母のことばを忠実に、緑の部分も含めて使ってみました。

frofukidaikon02.png

実のところ、違いはよくわかりませんでした(汗)

食べてはおいしいのですが、やっぱり、緑の部分は固いような気がしますね。


厚切りにして、面取り、十字に隠し包丁を入れた大根を、お米のとぎ汁を入れて茹で、辛みをとります。

表面が少し透明になるくらい茹でて、ザルにとり水切りをします。

frofukidaikon03.png

今回は、たっぶりの出汁昆布を敷いた圧力鍋に入れて、ヒタヒタ程度に水を注ぎ加熱しました。

蒸気が上がってから弱火で15分くらい加熱して、そのまま圧力が下がるまで放置しておきます。

時間がある時には、こんぶ出汁で2時間以上、コトコト気長に茹でてください。

串が通るくらい柔らかくなったらできあがり。

frofukidaikon04.png

味噌だれは、だし汁 大さじ2 、味噌 大さじ2 砂糖 大さじ1、酒 大さじ1.みりん 大さじ1弱

鍋で火にかけてひと煮立ちさせるか、ラップをして男子レンジで約2分。

柚子の皮のみじん切りを少し加えました。

frofukidaikon05.png

たれの味が濃いめなので、深めの器に、大根のゆで汁を張って、トッピングしたみその濃度を調整しながら食べてください。

frofukidaikon06.png

茹でるのに少し時間がかかりますが、作り方はシンプルなので、手軽に作れます。

みそだれを、挽肉を使った肉味噌だれにすると、ボリュームが出ますね。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet