ホーム学ぶことについて ≫ なぜ通信講座で学ぶのか

なぜ通信講座で学ぶのか


服部幸應の食育インストラクター講座の受講をはじめて約1ヶ月。

もうすぐ2回目の課題提出予定なので、まあまあ順調に住んでいるかなと思います。

一日の最後に、テキストを開くのが習慣になってきました。

眠い時も多いのですが、半ページでも、1ページでも学んでから寝るようにしています。

それにしても、なぜ通信講座だったのか?

学ぶなら独学で本を読んでも学べたはずなんです。
Amazonて検索してみると、食育関係の本はたくさんありますから、知識を得るためだけなら、そういう本で学んでも十分だと思います。

でも、私が通信講座を選んだのは、基礎から体系的に学べること。

提出課題というチェックポイントが設定されていること。

手紙を通じて、質問できたり、課題返却の時に講師からのコメントがあったり、まったくの孤独で学ぶのでないこと、

それから、講座が修了して、提出課題に合格すると、資格が取得できること。

これらが、通信講座を選んだ理由です。

努力した結果が目に見える、通信講座は魅力的です。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet