ホームお家ごはん ≫ 炒り大豆のまだか漬けをくきは流にアレンジ

炒り大豆のまだか漬けをくきは流にアレンジ


先日、発酵食スペシャリスト講座のサブテキストタカコ・ナカムラ発酵食レシピ集から「炒り大豆のまだか漬け」を作りました。
前の記事→タカコ・ナカムラ発酵食レシピ集から「炒り大豆のまだか漬け」を作ってみました。

とても美味しかったのですが、少し酸味が強い味付けだったので、今度は、我が家流のアレンジにして作りました。

k-madaka01.png
材料、は発酵食スペシャリスト養成講座のサブテキスト「発酵食レシピ集」とは違っているので、書いておきますね。

切り干し大根 30g 炒り大豆 30g スルメイカ(乾燥) 30g だし昆布 10cm長さ3本

いりごま 大さじ2杯、鷹の爪 小1本 麹 大さじ 3杯、

k-madaka02.png

切り干し大根水洗いしてホコリなどを落とし、水につけてもどしておきます。

スルメイカは3~4cm長さの細切りに。今回は市販の細切りしてあるものを使いました。

だし昆布もイカと同じように細切りにします。

鷹の爪はタネをとって、3~4つに輪切りにします。

k-madaka03.png

漬け汁は、切り干し大根の戻し汁 150cc、酒 、醤油おおさじ3.大さじ2、砂糖 小さじ1、酢 小さじ1
鍋に入れてひと煮立ちさせてから、ボールに移して60~65度くらいまで冷ましておきます。

温度が下がったら、麹を入れて混ぜます。

k-madaka04.png

他の材料もすべて入れて、全体を混ぜ、室温に半日~1日おけばできあがり。

k-madaka05.png

酢を少なくして、醤油を多くして、かくし味に砂糖も入っています。

それと、麹をいれることで、味がまろやかな感じになりました。

アツアツご飯で食べると、とても美味しいです。

炒り大豆は、豆まき用の大豆の残りを使うといですよ。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet