ホーム感想・レビュー ≫ ドラマ「問題のあるレストラン」1回目見ました。セクハラ・パワハラ何でもありのブラック会社の女性たち

ドラマ「問題のあるレストラン」1回目見ました。セクハラ・パワハラ何でもありのブラック会社の女性たち


1/15(木)からスタートした、ドラマ「問題のあるレストラン」を見ました。
当日は見られなかったので、Gyaoの見逃し配信で。

rest.png

何の事前知識もなくて、レストラン → 美味しい料理が出てくる → 見てみよう、という流れで見はじめたので、最後の5~10分くらいまでは、何がなんだかよくわかりませんでした(汗)
これから展開するドラマの前提になる物語を説明しているので、そのせいなのかな。

これでもか、これでもかというほどの、セクハラ、パワハラが日常の職場で、女性としては見ているのが辛くなるほどでした。

まあ、ドラマなので誇張されてはいるのでしょうけれど、でも、もしかしたら、こういうブラックな企業もないとは言えないとも思ってしまいました。

散々嫌な目にあって、悔しい思いや理不尽な思いをしてきた女性達が、これからのストーリーで、どう変化していくのか。興味深いです。
参考→ 問題のあるレストラン公式サイト

1回目の注目料理は「ポトフ」でした。

これからビストロを開くという荒れ果てたペントハウスの吹きっさらしの中でで、ほかほかの熱いポトフの湯気が、なんとも美味しそうで、心がほっこり緩んでくるような気がしました。

大きく切った、カブや、じゃがいも、キャベツ、厚切りベーコン……
Cpicon ポトフ by 問題のあるレストラン

ボトフ食べたい。

今度作ろう…… 

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet