ホーム食べ物のはなし ≫ 聖護院大根と聖護院蕪について

聖護院大根と聖護院蕪について


聖護院大根は、京都府によって認定された京野菜のひとつで、蕪のように丸いのが特徴です。

淀大根とも呼ばれます。

京都市東部の左京区聖護院の生まれで、江戸時代の文政年間に、聖護院東の黒谷にあった金戒光明寺に奉納された大根を聖護院の農家がもらって育てたところ、育てているうちに丸くなったそうです。

実がやわらかくて、繊維質が少ないので、煮ると、柔らかくてとろとろな食感に煮上がります。
同じく、聖護院の名がついている「聖護院かぶら」は、千枚漬けの材料になることで有名ですね。

江戸時代、享保年間に聖護院の伊勢屋利八が近江かぶらを改良して作ったものだと言われています。

ももともは聖護院の地で栽培されていましたが、今では、ほとんどが漬けもの業者と提携で育てられている希少な野菜になっています。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet