ホーム食べ物のはなし ≫ デーツとは ナツメヤシの実です

デーツとは ナツメヤシの実です


レシピブログやクックパッドなど見ていたら、甘味づけに「デーツ」というものを使っているレシピが気になりました。

デーツとは何? ということで、調べてみましたよ。

date02.png

デーツ(Date)とは、ナツメヤシの実で、アラブやアフリカ等で食べられています。

メソポタミアや古代エジプトで栽培されていたくらい、古くから食べられていました。
ナツメヤシの実は、長さ3~7cmくらいの楕円形で、完熟するまでに6ヶ月もかかるそうです。

そのため、アラビア語では熟した度合いによって、キムリ(未熟な)、ハラール(カリカリした)、ルターブ(やわらかい)など、17もの名前で呼ばれるそうです。

また、含まれているグルコース、フルクトース、スクロースの量で、ソフト、セミドライ、ドライの3種類に分類されます。

日本では、種を抜いて乾燥させたもを売っていることが多くて、トンカツソースやお好み焼きースの材料に使われたりしています。

鉄分、リン、カルシウム、カリウム、マグネシウム、ビタミンA、D、Bなど、ミネラルや食物繊維が豊富に含まれている健康食です。

抗酸化作用があるのでアンチエイジングに、腸を整える効果もあるので、便秘解消、ダイエットにも良い、女性に嬉しい食べ物と言えますね。

お味は干し柿に似たような、ちょっとカラメルっぽい味で、とても甘いので、砂糖の代わりの甘味としてそのまま食べたり、料理に取り入れたりできます。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet