ホームスポンサー広告 ≫ 黄門様の食へのこだわりホーム食育講座受講記 ≫ 黄門様の食へのこだわり

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク



黄門様の食へのこだわり


食育を学んでいて、たびたび私の記憶を呼び起こすのが
私の故郷茨城の殿様、黄門様の食生活です。

人生50年と言われた江戸時代に、73歳という長寿だった黄門様は、
師匠だった朱舜水氏の影響もあって、医食同源の考え方のもとに、
今で言うチーズや、餃子、中国ハムなどの
栄養豊富な料理を食べていたと言われています。

冲方 丁 ・著「光圀伝」には、朱舜水師の教えで
黄門様みずから料理を作るシーンが出てきますが、

光圀伝

食へのこだわり、好奇心は、
食べることの重要性を知っておられたのだなと感じます。
水戸市には、黄門料理を提供するお店がいくつかあります。
私も昔、知人に連れられて食べたことがあるのですが、

食前に出た「牛乳酒」がとても美味しかったのを覚えています。

黄門様は牛乳酒がお好きだったそうで、
当時は贅沢だった砂糖を入れて飲んでいたのだとか。
参考 → 黄門料理

江戸時代の一般庶民の栄養事情は決していいものとは言えなくて、
米と野菜が中心で、じゅうぶんに食べられる人ばかりではなく、
現代人に比べれば体も小さかったそうです。

黄門様のような身分の方だからこそ、
肉や牛乳などを食べることができたのだとは思いますが、

贅沢三昧をしていたわけではなくて、
普段は一汁三菜の質素なものだったとも聞いています。

当時の野菜中心の食事に、タンパク質をプラスすれば、
今で言うバランスの良い食事になったのでしょうね。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。