ホーム食べ物のはなし ≫ なます・ぬたについて

なます・ぬたについて


鱠(なます)は、魚介や野菜、果物などを、薄く、または細く切って、甘酢、二杯酢、三杯酢、ゆず酢など、酢をメインにした調味料で和えた料理です。

kohakunamasu06.png

大根と人参の細切りを紅白の水切りに見立てた「紅白なます」は、お正月の縁起物として食べられます。
魚介や野菜を酢味噌で和えたものは「ぬた」と呼ばれて、これも、なますの一種です。

古く中国では「膾」(カイ)という料理があって、獣肉を切って、調味料を和えて生食する料理でした。

魚肉を使って同様に調理をしたものを「鱠」「魚膾」と言ったそうです。

日本語の「なます」の語源はよくわかってはいませんが、「なましし(生肉)」「なますき(生切)」から転じたという説があります。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet