ホーム家庭料理 ≫ 雑煮・のし餅 我が家のお節 あけましておめでとうございます

雑煮・のし餅 我が家のお節 あけましておめでとうございます


明けましておめでとうございます。
おいしく食べて健康になることがテーマです。
引き続き楽しみながら学んで行きたいと思っています。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


お正月3が日は、ずっとお餅を食べます。

一日の朝は、お雑煮です。

zouni2015.png

お雑煮は地方によって違うそうですが、我が家では、鶏だしの醤油汁です。

四角い餅を焼いてから入れて、小松菜(青菜)と、なると等が入ります。
正月の餅も、丸餅、四角い餅、地方によって色々だと言いますね。

私の住んでいる地域では、お供え餅以外は、のし餅が一般的です。

つきたての餅を、木枠に入れて、上から押すようにして平らにのして作ります。

今は、取り出しやすいように、ビニールの間にはさんでのすことが多いです。

普通、木枠4つで、ひと臼分と言います。

義父母が若かった時代、今は亡き義兄が健在だった頃は、親戚じゅうが集まって、みんなで餅つきをしていました。

残念ながら、みんなな年を取り、人も少なくなって、やれなくなってしまいましたけれど……

今では、ありがたいことに、夫の実家で、近所の農家でついたのし餅を買ってくれています。

noshimochi01.png

毎年、30日に、取りに来いという連絡があって、義母さんの育てた野菜とお餅をいただいてきます。

固まって切りやすくなった餅は、包丁で食べやすい大きさに切ります。

これは、力がいるので、夫の仕事。

noshimochi02.png

カビが出ないように冷暗所に置いて、正月いっぱい食べています。

noshimochi03.png

残った餅は、日向に干して、ヒビが入ったら崩して乾燥させておき、揚げ餅としておやつに食べます。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet