ホーム食べ物のはなし ≫ 年越しそばについて 長寿と幸せを願って食べる風習

年越しそばについて 長寿と幸せを願って食べる風習


年越しそばは、大晦日12月31日の夜に食べる蕎麦のことで、日本でよく行われている風習です。

みそか蕎麦、つごもり蕎麦、年取りそば、他、地方によって色々な呼び方があります。

nisinsiba.png

蕎麦が切れやすいことから、「一年の災厄を断ち切る」ということ、また、蕎麦が細く長いことから、「長生きする」こと、「家族の縁が長く続くこと」などを願い、縁起をかついで食べます。
この風習は、江戸時代頃に定着していたようで、大坂繁花風土記という書物には、「十二月三十一日 晦日そばとて、皆々そば切をくろふ。当月節分、年越蕎麦とて食す。」という記述があるそうです。

江戸時代に、かっけが流行して、「江戸わずらい」と言われていたことから、蕎麦を食べることが一般的になりました。
前の記事→ 「江戸わずらい」と言われていた白米を食べ続けることによるリスク

大晦日ではなくて元旦に食べるところや、香川県では讃岐うどんを食べるなど、地方によって変わるところもあります。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet