ホームお家ごはん ≫ ネギとしその実のかき揚げ なつかしい祖母の味

ネギとしその実のかき揚げ なつかしい祖母の味


長ネギと塩漬けしその実のかき揚げです。

これは、今は亡き祖母が作ってくれて、私が大好きだったおかず。

今思うと、母が作ってくれたおかずよりは、祖母の味の方が印象深く残っています。

母の方が台所に立つ姿を多く見ているはずなのに、不思議です。

negikakiage01.png
長ネギは、2~3本を2~3mmくらいの小口切り。

ネギが硬い時はナナメに薄切りにすることもあります。

青じその塩漬けは、保存用に作って置いたもの。
前の記事 → 青じその塩漬けを作りました

塩辛いので、使う分、今回は大さじ2杯くらいをザルに入れて、水に浸けて10~20分くらい、塩出ししてから使います。

negikakiage02.png

良く絞った塩漬けしその実と、刻んだ長ネギを合わせて、天ぷら衣と混ぜます。

negikakiage03.png

天ぷら衣は、市販の天ぷら粉を水で溶いて。

あまりボッテリと濃くしないように、油に落とした時に、まとまっている程度に溶きます。

negikakiage04.png

スプーンで熱した油に落としてカラッと揚げます。

negikakiage05.png

揚げたてを、お醤油をつけてどうぞ。

negikakiage06.png

揚げたての熱いうちに食べるのが一番美味しいです。

少だけし残った分は、お醤油をかけてとっておき、小腹が空いたときにおやつとして食べたりもしていました。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet