ホーム食べ物のはなし ≫ モッアレラチーズについて

モッアレラチーズについて


モッッアレラチーズとは、イタリアのサレルノというところで作られていたフレッシュチーズです。

もともとは、水牛の乳で作られていましたが、今は牛乳を原料にしても作られます。

水牛の乳が原料のものは、イタリア語でモッツァレッラ・ディ・ブーファラ、牛乳が原料のものは、モッツァレッラ・ディ・ヴァッカ、または、モッツァレッラ・フィオル・ディ・ラッテと呼ばれています。

お餅のような弾力が特徴で、クセのない味や香りなので、パスタやピザなどのイタリア料理に良く使われます。

チーズとバジルだけをのせて焼いた、ピザ、マルゲリータや、トマトのスライスと合わせたカプレーゼというサラダが有名ですね。

モッッアレラというのは、イタリア語で「引きちぎる」というmozzareが語源と言われています。

チーズを作る時に、チーズが凝縮したカードと呼ばれる状態の時にお湯を注いで練って弾力を出し、引きちぎって形にする「パスタフィラータ」製法からの由来です。

熟成していないフレッシュチーズなので、あまり日持ちはしません。

開封したら、賞味期限内にできるだけ1度に食べてしまうのがオススメです。

もしも保存する時には、塩をひとつまみ入れた水の中に入れて密閉し冷蔵庫へ。できるだけ早く食べてしまってください。

冷凍すると。解凍した時に水分が抜けて風味が変わってしまうのでオススメできません。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet