ホームお家ごはん ≫ イカの天ぷら ゴボウとパセリも揚げました

イカの天ぷら ゴボウとパセリも揚げました


スーパーでお刺身用の生イカが売っていたので購入しました。
1杯150円って安いのか、高いのかわかりませんが……

イカの天ぷらは夫の好物なので、お刺身ではなく、天ぷらにしました。
今回は、冷蔵庫にあったゴボウと、パセリも揚げました。

天ぷらって、レンコン、人参、お芋も美味しいし、ネギのかき揚げも食べたいと、あれもこれもと色々揚げてしまって、ついつい食べきれないくらい多くなってしまうのですよね。

最近は、2~3種類と決めて揚げるようにしています。

ikaten01.png
生イカ 2杯。ワタをとって胴体だけを切りました。足は後で大根と煮る予定。

生臭なものが平気なお宅では、ワタは塩辛にして食べるのかもしれませんが、私の場合はボンとゴミ箱へ。
もったいないけど、上手に作れないので処分してしまいました。

ikaten03.png

特に説明するまでもないですね。

油が汚れにくい材料から、パセリ、ゴボウ、イカの順で揚げます。

ikaten04.png


天ぷらの材料としてパセリは珍しいかもしれませんが、サクッとして意外に美味しいですよ。鉄分補給にもなりますので、お試しください。

パセリは良く洗って水分をペーパータオルなどでふき、薄く粉をつけて水分を吸収させてから、薄めの衣につけてサッと揚げます。

ikaten05.png

ゴボウは、包丁の背などで外皮を削って細切りにして、薄い酢水にサラしてアクを抜きます。

よく水分を切ってから、衣にあえて、食べやすいくらいにまとめて油に落として揚げます。
ikaten06.png

生イカは、外側の薄い皮を剥いて、短冊状に切り、粉をまぶして水分を吸わせ、薄めに溶いた衣と合わせてちょうど良い濃さになるように調整します。

ikaten07.png

油ハネして危険なので、注意しましょう。特に、顔にハネないように、少し体を離して揚げてください。

以前、目の縁にハネて大変なことになりました(汗) 目の中じゃなくて良かったですけれどね。

ikaten08.png

少し揚げるつもりが、結局、山盛りになりました(笑)

ikaten09.png

当日はそのまま食べて、残ったら翌日、煮て食べます。

甘辛く煮た天ぷらも美味しいですよ。

ikaten10.png

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet