ホーム感想・レビュー ≫ がくぶんの通信講座について

がくぶんの通信講座について


私が現在、受講中の、「服部幸應の食育インストラクター講座」は、がくぶん、株式会社 学文社の運営です。

がくぶんの母体となったのは、大正13(1924)年創立の井上通信英語学校でした。

昭和生まれの方は 「日ペンのミコちゃん」 と言うと、ああ、あの漫画の? と、懐かしく思い出す方もいると思います。

当時、少年少女向け雑誌の裏表紙には、必ず日ペンのミコちゃんの漫画が掲載されていて、誰でも知っていました。

昭和7年創立の、日本ペン習字研究会、昭和10年創立の日本書道協会で、通信講座の土台が築かれて、今では、資格取得、趣味、教養をはぐくむ通信講座の老舗として、たくさんの講座を開講しています。

私の印象としては、女性がスキルアップするのに良い講座が多いです。
スマートフォンや小物にキラキラ装飾するデコアート講座。

基礎コースからプロフェッショナルコースまで、順に学べるようになっていますから、趣味ではじめたい人も、プロを目指す人も学ぶことができます。

フィギュア模型の製作、スイーツデコ、さしえライターなど、女性の感性を生かして技術を身につける講座。

テープライター、賞状書士、かけはぎ技術、ネイルアートなど、仕事に結びつく技術を学べる講座。

ほかにも、食育インストラクター講座、薬膳マイスーター講座、ペット介護士なども人気があります。


なんと言っても、自宅で好きな時間に学べるというのが、通信講座の良いところです。

それに、スクールに通うよりも、受講料がリーズナブルだというのも、気軽にはじめられるポイントですね。

私自身、家族のために毎日過ごしていた中で、「自分のために何かはじめたい」と思ったのが、がくぶんの通信講座をはじめたきっかけでした。

やはり、新しいことを知る、あたらしスキルを身につけるというのは、毎日の生活を有意義なものにしてくれますし、新しい世界を開くきっかけになると思うのです。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet