ホームスポンサー広告 ≫ アヒージョとは スペインのタバス料理のひとつホーム食べ物のはなし ≫ アヒージョとは スペインのタバス料理のひとつ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク



アヒージョとは スペインのタバス料理のひとつ


アヒージョとは、スペイン語で「にんにく風味」という意味で、タバス(小皿料理)の一つです。

素材を、オリーブオイルとニンニクで煮込み、カスエラという耐熱陶器に入れて出されます。

よく使われるのは、エビやマッシュルーム、鶏肉、牡蠣、イワシ、タラ、エスカルゴなど。

アツアツの具材を食べた後、残ったオイルは、パンなどに浸して食べるそうですよ。

ahijyo01.png

最近、日本でもスペインの居酒屋「バル」風のレストランができたりして、タバス料理が注目されて流行ってきています。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。