ホーム食べ物のはなし ≫ 唐揚げについて 竜田揚げとの違いは?

唐揚げについて 竜田揚げとの違いは?


から揚げ(空揚げ、唐揚げ)は、食材に小麦粉や片栗粉などの薄い衣をつけて揚げた食べ物です。

鶏のから揚げは、好きな人が多い定番のおかずですよね。

guaowei-kara10.png

江戸時代には魚介類や野菜類に小麦粉をまぶして揚げる料理を「衣かけ」と読んでいたそうで、「から揚げ」が使われるようになったのは大正時代以降です。

江戸時代初期に、中国からが伝わったもので、豆腐を小さく切って油で揚げた後に醤油と酒で煮るという、普茶料理が由来だったそうです。
唐揚げと似た料理に「竜田揚げ」というのもありますが、違いは下味のつけ方です。

竜田揚げの由来は、百人一首の、「千早振る 神代もきかず 龍田川 からくれなゐに 水くくるとは」という、在原業平の歌に由来しています。

竜田川にかかる紅葉の色を連想させるように、醤油とみりんのタレに漬けてから揚げます。

醤油の下味をして揚げると濃い色に仕上がりますが、中心に火が通る前に焦げやすいのですよね。

私はよく真っ黒に焦がしてしまうので、醤油味の唐揚げは苦手です。

「から揚げ」の下味は、特に基準はないそうです。

焦がさないように揚げるには、塩をメインにした味付けにしておくと良いようですね。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet