ホーム食育講座受講記 ≫ ソラマメ栽培の苦労を知るのも食育かも

ソラマメ栽培の苦労を知るのも食育かも


伯母からソラマメをたくさんもらいました.。

サヤが空に向かって実るので「空豆」と言うらしいです。

はじめて作ってみたということで、
収穫時期を勘違いして、少し早めに穫ってしまったとのこと。

空豆の収穫に適した時期は短くて、
美味しいのは3日間と言われるほどなのだそうです。

それでも、やわらかくて美味しく食べました。

soramame.png
ソラマメのさやは厚くて、内側がフカフカしたスポンジのようになっています。
このサヤごと焼いてから、中のマメを取り出して食べる方法もあるらしいですよ。

今回は、シンプルに塩ゆでしていただきました。

siramame2.png

伯母は無農薬栽培をしているので、空豆のお世話は大変なのだそうです。

人間が食べておいしいものは、やはり虫もおいしいのでしょう。
アブラムシがつきやすいので、駆除に苦心するのだとか。

やはり、作っている人の話を聞くのは興味深いですね。
いつも食べるだけで、作る人の苦労まではわかりませんから、

時にはこうして、話を聞くのも「食育」ですよね。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet