ホーム発酵食講座受講記 ≫ 発酵食スペシャリスト養成講座テキスト2 第4章 酢

発酵食スペシャリスト養成講座テキスト2 第4章 酢



発酵食スペシャリスト養成講座テキスト2 第4章 酢 について学びました。

そうか、お酢も発酵させて作るのですね。それも、伝統的な製法だと、まずお酒を作ってからお酢を作るとのこと。

DVDの中で、ワインをさらに発酵させることでワインビネガーになるという例を教えていただいて、なるほどと納得しました。

我が家では酢は結構使う方だと思いますが、あまり意識したことがありませんでした。
それと、お酢というと、米酢のイメージが強かったのですが、穀物だけでなく、果実酢もありますよね。

りんご酢とか、ザクロ酢とか、色々な材料でお酢が作られるというのも面白いですね。

日本で工業的に大量生産するお酢は、2日もあれば瓶詰めして出荷してしまうそうです。

私たちが日常スーパーで買っているのは、そういうお酢が多いのですね。

DVDで紹介されていた蔵元さんは、米作りからこだわって、2年かけてじっくり熟成する製法で作っているそうです。

味噌も、醤油もお酒も、どの蔵本さんもそうでしたが、常に「微生物」を意識して、手をかけて大切に菌を育んでいる方達ばかりでした。

おいしい発酵食を作るということは、急いではいけないのですよね。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet