ホームスポンサー広告 ≫ 菊花の梅和え 甘くて酸っぱい祖母の思い出の味ですホームお家ごはん ≫ 菊花の梅和え 甘くて酸っぱい祖母の思い出の味です

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク



菊花の梅和え 甘くて酸っぱい祖母の思い出の味です


菊花の梅和えです。

食用菊と梅干しを和えた保存食なのですが、今は亡き祖母が畑で育てた菊を収穫すると、よく作っていました。

作り方を教わっていなかったので、今回、祖母の味を思い出しながら再現してみました。

kikuume01.png
祖母は、畑で作った大量の菊と、自家製梅干しで、大量に作っていましたが、

今回は、先日、「舞茸と菊花の酢の物」を作った物の残り約30輪くらい。
それと、夫が晩酌で食べていた、南高梅の梅干し6個を使いました。
前の記事 →菊花と舞茸の酢の物

菊はやさしく洗って水切りをしておきます。

kikuume02.png

顎をはずして花びらだけにします。

顎の部分を指で押さえて、花びらを引っ張ると取れますよ。

今回は茹でずに生のままで使いましたが、祖母は薄い酢水でサッと湯がいてから使う時もありました。

湯がくとカサが減るので、菊花がたくさん使える時にした方が良いと思います。

kikuume03.png

梅干しは、種をとって、包丁でたたきペースト状にします。

今回は大きめの梅6個分使いましたが、梅干しの大きさにもよりますので、菊が混ざるくらいの量で調整してください。

kikuume04.png

梅ペーストに砂糖を混ぜます。

祖母の作っていた味に近くするには、大さじ5杯入りました。

保存を考えて多めに入れるのだと思いますが、これも、お好みで調整してください。

kikuume05.png


あとは、菊花と和えるだけです。

kikuume06.png

作ってすぐに食べられますが、1日くらい馴染ませてからの方が菊がしんなりして美味しくなります。

kikuume07.png

ご飯のお供にオススメです。酒の肴にそのままなめても美味しいですよ。

保存容器に入れて冷蔵庫で、我が家では5~6ヶ月食べていました。

スポンサーリンク



関連記事

コメント

おはなーーー

こんにちは、

お花は食べられる。というのは知識では
知っているのですが、実際お料理したことが
ありません。
食べたこともありません。

菊の花は花だけたべるとどんな味がしますか?

ユキハナ | 2014.11.22 15:23 | URL


Re: ユキハナさん

> ユキハナさん

コメントありがとうございます。
食用菊の味は、特に個性的な味ではないかも、
顎の部分は少し苦いですけれど、花びらはほぼ無味に近い気がします。
食べた後に、ほのかに香りが花に抜けるのがおいしさの一つかな。

天ぷらにしても美味しく食べられますよ。

くきは | 2014.11.23 09:10 | URL














管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。