ホームお家ごはん ≫ カブの茎葉の炒め物 アツアツご飯にかけておいしい

カブの茎葉の炒め物 アツアツご飯にかけておいしい


カブの茎と葉っぱの炒め物です。

カブの葉は、春の七草のひとつ「スズナ」。

大根の葉より柔らかくて、辛みも少ないので食べやすいです。

kabukuki01.png
生協のパルシステムで注文したカブ。直径10cm以上の大きなものでした。

本体は後ほど料理するとして、まずは、茎と葉を楽しみます。

カブの茎葉を炒めて、アツアツご飯にかけて食べるの、大好きなのです♪

kabukuki02.png

振りかけ風に、ご飯にかけて食べたいので、洗った茎葉は、細かめに刻みます。

普通の炒め物にするには、もっと大きめに切っても構いません。

kabukuki03.png

ゴマ油を少なめに入れて、刻んだ茎葉を炒めます。

しんなりしたら、削り節をたっぷり入れて混ぜます。

kabukuki04.png

醤油をまわしかけて混ぜ、火を止めてから香り付けにごま油をひとたらし。全体をまぜれば完成です。

特に、調味料の分量とかは決まっていませんので、お好みで適当にどうぞ。

kabukuki05.png

ぜひ、暖かいうちに、アツアツのご飯に乗せて掻き込んでください(笑)

時間が経つと、茶色っぽく色が変わってしまいますが、味には変わりありません。冷めても美味しいです。

kabukuki06.png

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet