ホームお家ごはん ≫ 寝かせ玄米を小豆を入れないで炊いてみたら

寝かせ玄米を小豆を入れないで炊いてみたら


寝かせ玄米を食べるようになってから約4ヶ月。

お通じも順調だし、疲れるとよく感じていた倦怠感もほとんど感じなくなっていて、かなり良い感じで過ごしています。

玄米と塩と小豆で炊く寝かせ玄米は、とても美味しいのですが、小豆の風味に少しボリューム感を感じるのですね。

確かに、栄養的には小豆が一役買ってますので、大事なのではあるのですが……

たまに、もっとサッパリ食べたいなという気がしてくることがあります。

それで、試しに、小豆を入れないで寝かせ玄米を作ってみました。

azukinasi01.png
いつもの寝かせ玄米ごはんの作り方で、小豆を入れないだけです。

玄米ミルキークイン4号、
塩糀  大さじ1.5 (または塩3g)
水    1050g


azukinasi02.png

いつも通り、ホイッパーでカシャカシャ混ぜてから炊飯器に。

azukinasi03.png

10時間の浸水の後に玄米モードで炊飯しました。

azukinasi04.png
小豆を入れなかった分、気持ち柔らかめの炊き上がりでしたが、あまり気になるほどではありませんでした。

1日1回、かき混ぜながらまる3日間保温します。

小豆が入っていないので、当然赤飯のような色にはなりません。

時間が経つにつれて、もちもち感がアップして、玄米のベージュ色が濃くなって行きます。

左上 0日目   右上 1日目/左下 2日目   右下 3日目
azukinasi01-tile.png

小豆がない分、サッパリしてはいましたが、ミルキークインなので、もちもち感がたっぷりで、白米のような軽い味わいにはなりませんでした。

でも、小豆なしでも、「やはり寝かせ玄米」です。柔らかくて食べやすかったですよ。

普通の寝かせ玄米に飽きてきたら、たまに玄米だけ炊いてみるのも面白いかもしれません。

aonakenchin09.png

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet