ホーム食べ物のはなし ≫ けんちん汁とは

けんちん汁とは


けんちん汁(建長汁/巻繊汁)は、日本の汁物料理のひとつです。

一般的に、大根、にんじん、ゴボウ、里芋、蒟蒻、豆腐などをごま油で炒めてから、だしで煮込み、醤油で味付けした汁です。

地方によっては、味噌味など違う味付けのこともあります。

kentin01.png

けんちん汁は、建長寺の修行僧が作っていた「建長汁」がなまって呼ばれたという説や、普茶料理の巻繊(ケンチャン)という料理がアレンジされたという説などがあります。

もともと精進料理なので、肉や魚などの動物性のものは使わず、だしも昆布や椎茸でとるのだそうです。

我が家で「けんちん汁」と言って、祖母や母が作っていたのは、根菜類使わずに、青菜と豆腐だけで作った汁でした。

我が家だけのことなのか、他方独特の料理なのかはよくわかりませんが、ものが無かった時代に、畑にあった青菜で作ったものなのかもしれません。

aonakenchin08.png

まず、サラダ油でくずした豆腐を水分が無くなるまで炒めて、そこに、刻んだ青菜(小松菜やふだん草など)を加えて炒め
だしを加えて煮て、しょうゆで味付けしたものでした。

タンパク質の豆腐と、ビタミンが摂れる青菜との組み合わせは、寒い冬には適したメニューだったと思います。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet