ホームお家ごはん ≫ 青菜けんちん汁 寒い日に温まるメニュー

青菜けんちん汁 寒い日に温まるメニュー



けんちん汁を作りました。

一般的に「けんちん汁」というと、根菜類を炒めてから醤油汁にするのかと思いますが、我が家で、祖母や母が代々作ってきたけんちん汁は、青菜と豆腐を使ったものでした。

aonakenchin01.png
材料は、青菜1束と木綿豆腐1丁。

この青菜は、夫の実家からいただいたものなのですが、品種名はよくわかりません。

祖母が昔、「ふだん草」と言っていたものなのかなとも思いますが、我が家での通称は「菜っ葉」です。

他に、小松菜で作ることもあります。

aonakenchin02.png

青菜は、よく洗って、根っこがついていたらカット。ザクザク太めに切っておきます。

aonakenchin03.png

鍋に多めに油を熱して、木綿豆腐をくずしながら入れ、かき混ぜながらよく炒め、水分を飛ばします。

油は、サラダ油でも、ゴマ油でもかまいません。

aonakenchin04.png

コロコロになるくらい、焦がさないように、気長に炒めていきます。

しっかり水分が飛んでいないと、汁が濁ってしまうので頑張りましょう。

aonakenchin05.png

青菜も入れてサッと炒めます。

aonakenchin06.png

だし汁を加えてひと煮し、醤油で味付けすれば完成。

aonakenchin07.png

最近は、1回分だけ作りますが、祖母や母の時代には大きな鍋でたくさん作り、煮返しながら数日食べていました。

aonakenchin08.png

何度も煮ていると、青菜は茶色っぽく色が変わってきてしまいますが、おいしさはアップします。

aonakenchin09.png

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet