ホームお家ごはん ≫ 白菜鍋と雑炊 土曜日の夜は鍋

白菜鍋と雑炊 土曜日の夜は鍋


鍋の季節ですね。

野菜がたっぷり摂れますし、お鍋だけで他のおかずを作らなくてもOKというのも、主婦にとっては有り難いメニューです。

hakusainabe01.png

先週の土曜日の夜のことですけれど、今年初鍋でした。
今回は、夫の実家でいただいた大きな白菜が主役。

市販の寄せ鍋のつゆを使って、甘塩たら、えのき、しいたけ、長ネギ、焼き豆腐、冷蔵庫に残っていたものも用意。

hakusainabe02.png

我が家では、食卓に上げる熱源がIHヒーター(生協パルシステムのポイントを集めてもらったもの)なので、土鍋ではなくて、古いホーローの鍋を使っています。

市販の寄せ鍋のつゆは、ストレートタスイプなので。希釈せずそのまま使える物でしたが、煮ているうちに煮詰まって味が濃くなるので、カップ3倍くらいお水を足ししてから煮始めます。

そして、お店で食べるようにきれいに盛りつけたりはせず、大根や人参など根菜を入れて火をつけ、沸騰したら魚、野菜、茸を順に投入。ごった煮状態にしてしまうのが常です。

hakusainabe03.png

まずは、先に夫が晩酌をはじめて、1時間くらいかけてゆっくり食べ、その後、少なくなった野菜を足して、私と母も加わります。
hakusainabe04.png

母や私が食べる頃には、だいぶ煮崩れて来ていますが、煮汁にだしがよく出て美味しくなっている頃でもあります。

そして、翌日。

日曜日のお昼には、とっておいた鍋の残り汁で雑炊を楽しみます。

hakusainabe05.png

お湯を加えて調味料を足し汁を多めにして、残り物の野菜や茸等を加え、ご飯を入れるだけで、暖かい1品が完成します。
hakusainabe06.png

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet