ホーム発酵食講座受講記 ≫ 発酵スペシャリスト養成講座テキスト2第1章 麹

発酵スペシャリスト養成講座テキスト2第1章 麹


発酵スペシャリスト養成講座テキスト2を学びはじめました。

第1章のテーマは「麹」。 

味噌、醤油、酒、酢など、日本の調味料には欠かせないものです。

麹は、東南アジアから伝わってきたもので、中国にも韓国にもありますが、日本の麹は、日本だけにしか無いものなのだそうです。

そんな麹で作るのですから、日本独特の味噌、醤油、酒、酢ができるわけですね。
DVDの1巻目も観ました。

「伝統の蔵元を訪ねる」ということで、麹や味噌、醤油、日本酒、酢を作っている現場を見ることができました。

どの蔵元さんも、昔から続いてきた伝統を大切にしながら、「手をかける」ことで、味を守り続けていらっしゃいます。

改めて、日本の伝統食の豊かさ、受け継いできた知恵のすばらしさを感じました。

今は技術が発達していて、作る気ならばお味噌も醤油も短期間で大量生産が可能です。

それでもやはり、1年、2年と時間をかけて、こだわりをもって微生物と向き合っている姿は、感動的でした。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet