ホーム学ぶことについて ≫ 食育インストラクター講座は新米お母さんにも学んで欲しい

食育インストラクター講座は新米お母さんにも学んで欲しい


食育インストラクター講座を受講していて感じたのは、
この講座は、新米お母さんに学んでほしいなということ。

生まれてしばらくは、ミルクだけを飲んで育っている赤ちゃんは
しばらくすると、徐々に食べることに馴れて行かなくてはなりません。

離乳食の時期、

はじめての子育てをしているお母さんにとって
この時期が、楽しみであると同時に、悩みのタネみたいです。

どんなものを、どう調理したら食べてくれるのだろう?
バランス良く栄養をとるためにはどんなメニューがいいのだろう?
安心安全なものを食べさせるために何を選んだらいいのだろう?

これらの悩みは、食育で学ぶ知識です。
また、ミルクから、固形食への切り替え時期に多いのが赤ちゃんの便秘。

母乳を飲んでいる間は、免疫効果がはたらいて
赤ちゃんは守られている状態なんですね。

お腹の中には、善玉菌だけが住んでいて、
いつも良い状態が保たれています。

でも、ミルク以外のものを食べるようになると、
お腹の中には悪玉菌も出てきてバランスを崩してしまうこともあります。

言葉がしゃべれない赤ちゃんが
お腹が苦しいのを見ているのはつらいですよね。

そんな時、食べ物に関する知識があれば、
食事を改善して、お通じを促してあげることも可能になります。

子供が育っていく過程で、お母さんが、子供に食べ物のことや、
食べ方などを教えることはまさに「食育」です。

妊娠がわかったら、赤ちゃんを待つ間に
食育を学んでみるのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet