ホーム食べ物のはなし ≫ マリネとは カルパッチョとの違いはなに?

マリネとは カルパッチョとの違いはなに?


マリネとは、魚や肉、野菜などを、酢、レモンなどの酸味のあるつけ汁に漬けて作る料理を言います。

フランス語ではmarinade マリナード、英語ではmarinade マリネード、イタリア語ではmarinata マリナータで、料理自体の名前でもあり、漬け汁の呼び名でもあります。

日本のマリネは、フランス料理に由来しています。

marine06.png

漬け汁は、酢やレモン汁などを使って、ワイン、ハーブや香辛料、オイルなどを混ぜて作りますが、フランス語の古語 「mariner= 海の」という意味から、もともとは塩水に漬けていたのではないかと言われています。
マリネのに使われるのは、スモークサーモン、ニシン、ハム、など、加工品が多いですね。

似たような料理に「カルパッチョ」というのがあります。

カルパッチョはイタリアの料理で「薄切りにした生物」という意味です。

もともとは、生の牛ヒレにマヨネーズとマスタードを合わせた白いソースをかけたものでした。

現在では、タイやマグロなど、魚介類を使ったカルパッチョもあります。

マリネが「漬ける」ものであるにタイして、カルパッチョは「かける」ものですね。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet