ホームお家ごはん ≫ メイソンジャーサラダ ニューヨークで流行中のオシャレな瓶詰めサラダ

メイソンジャーサラダ ニューヨークで流行中のオシャレな瓶詰めサラダ


ニューヨークで流行中だという「メイソンジャーサラダ」を作りました。
参考サイト→基本のメイソンジャーサラダの作り方

作り置きできて便利なので、我が家では今、プチブーム中です。

maison01.png

メイソンジャーというのは、アメリカのBALL社の保存瓶です。

密封性が良いので、サラダを詰めて冷蔵しておくと3~5日くらい新鮮なまま食べられます。(長めに保存する時は、保存瓶を煮沸消毒しておきましょう)

また、持ち運びも楽なので、オフィスでのランチや、ピクニックのお供にも便利。

場所をとらない瓶詰めなので、冷蔵庫の中に作り置きしておくのにいいんですよ。

私の場合、メイソンジャーを持っていないので、ホームセンターで1個98円の日本製保存瓶 450mlサイズを2つ使っています。

気密性やデザイン性は本家に劣るかもしれませんが、早めに食べれば大丈夫。

maison03.png

基本的にはドレッシングと、野菜を保存瓶に詰めて行くだけなのですが、ちょっとしたコツがあります。

よく水切りしておくこと。
茹でた野菜はよく冷ましてから入れること。
お肉やハム、卵、ツナなど弱りやすいものは、食べる当日の朝に詰めるか、または、食べる時に入れること。


maison02.png

まずは、瓶の底にドレッシングを入れます。450mlの瓶で、大さじ2~3杯くらい。

お好みのドレッシングでいいのですが、分離しないタイプの方が良いです。

今回は、市販のノンオイル和風ゴマドレッシングを大さじ2杯入れました。

maison04.png

瓶の中で混ざらないように、野菜を種類ごとに重ねていきます。

ドレッシングの次に入れるのは、人参、胡瓜など、ドレッシングに接しても水分を吸ってクタっとならないもの。

後は順番に隙間が無いように詰めて、最後は、レタスやサニーレタスなどの葉物でフタをします。

瓶は深さがあるので、私は菜箸を使って野菜をつまみながら入れました。

1種類入れたら、菜箸で軽く押して隙間を埋めるようにしてから、次の野菜という感じです。

maison05.png

保存便のフタをして、そのまま冷蔵庫で保存します。

彩りよく詰めておけば、冷蔵庫に並べていても綺麗ですよね。

瓶を立てたまま、ドレッシングと混ぜないで保存するので、水分が出ずにぐちゃっとしないのです。

maison07.png

食べる時は、「瓶を振ってドレッシングと野菜を和えてからお皿に出す」ということなのですが、

私が作ったのは、野菜がしっかり詰まりすぎていて振っても混ざりませんでした(笑)

でも、お皿に出すと、最後に一番下にあるドレッシングが出てきますから、お皿の上で全体が混ざって、あまり問題はありませんでした。

maison06.png

使う材料を変えれば、色々なサラダが楽しめそうですね。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet