ホームスポンサー広告 ≫ 追いがつおとは お出しのうまみと風味を増す方法ホーム食べ物のはなし ≫ 追いがつおとは お出しのうまみと風味を増す方法

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク



追いがつおとは お出しのうまみと風味を増す方法



「追いがつお」とは、鰹節でだしをとる時に、うまみや風味を増すために、後から鰹節を加えることを言います。

一般的な、鰹だしの取り方は、沸騰したお湯に削り節を入れて、火を止め、そのまま沈むのを待ちます。

dasi.png

削り節が沈んだら濾して、おだしと削り節を分けます。

この、最初にとった出汁が「一番だし」で、すまし汁などに使います。

一番だしをとった後の削り節は、もう一度お湯に入れて10分くらい煮て「二番だし」をとります。

この時、ガーゼなどに包んだ鰹節を加えて、うまみ、風味を加えるのが「追いがつお」です。

二番だしは、味噌汁や、煮物などに使います。
最近は、美味しいだしの素が市販されているので、自分で出汁を取って料理をすることは少なくなりました。

良いおだしを取る(引くとも言います) には、どっさり鰹節が必要になりますから、市販品を使った方が手軽というのも大きいのですよね。

でもやはり、和食の基本として、だしの取り方はマスターしておきたいです。

ひと手間はかかりますが、それほど難しくない作業ですから、たまには、だしをとるところから料理を初めてみるのも良いと思いますよ。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。