ホーム食べ物のはなし ≫ カジキのこと カジキマグロと呼ばれるけどマグロじゃないです

カジキのこと カジキマグロと呼ばれるけどマグロじゃないです


カジキ(梶木・舵木・旗魚)は、食卓でもお馴染みの魚ですが、スズキ目カジキ亜目に属する魚です。

カジキマグロと呼ばれることもありますが、これは通称で、マグロとは別の魚です。

分類上、カジキは、メカジキ科 、マカジキ科 の2種がありますが、マグロはサバ科に属しています。

kajiki01_20141020145745cce.png

暖かい海を回遊する大型肉食魚で、、イワシ、アジ・サバなどの小魚や、カツオ・マグロ、、甲殻類なども食べます。

大きいものは、4 m 以上、体重700 kg にもなり、上顎が長く伸びてするどい「吻」(ふん)になっています。

カジキという和名の由来は、この長い吻です。

カジキはかなりどう猛な魚らしく、時に船に体当たりすることもあるそうで、吻で舵木(船の舵をとる板)を突き通すほどだったことから、舵木通し(カジキドオシ)と呼ばれことからだそうです。

カジキは世界中で食用にされていて、日本では、切り身にして売られていることが多いですね。

焼き魚、煮魚にして食べたり、新鮮なものは刺身で食べることもあります。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet