ホームお家ごはん ≫ きんぴらごぼう 家庭料理の定番メニュー

きんぴらごぼう 家庭料理の定番メニュー


秋になって気温が下がってきたせいか、煮物が食べたいと思うようになってきました。

久しぶりに、きんぴらごぼうを煮ました。

定番の煮物なので、改めて作り方を説明する必要も無いでしょうけれど、定番だからこそ、それぞれ家庭の味があるものなんですよね。

kinpira01.png
ごぼう1本は、細切りにして薄い酢水につけアクを抜いてから、水切りしておきます。

人参約10cmくらい、ごぼうと同じ長さの細切りにします。ごぼうより早く煮えるので、少し太めに切りました。

kinpira02.png

ゴマ油で、ごぼう、人参の順に入れてよく炒めます。

kinpira03.png

だし汁、カップ1 酒 大さじ1 砂糖 大さじ1を入れてひと煮して、醤油 大さじ1~1.5を入れて煮汁が少なくなるまで煮ます。

ゴボウの歯ごたえを残したいので、鍋ぶたをしないで煮るのがオススメです。

kinpira04.png

煮汁が少なくなって来たら、みりん 大さじ1を入れて、味を見て、塩気が足りなかったら、塩少々で整えます。

kinpira05.png

さらに煮汁が無くなるまで煮て、最後に白胡麻を加えて混ぜれば完成。

kinpira06.png

お食事の副菜として、お弁当のおかずとして、作り置きしておくと重宝です。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet