ホームおそとごはん ≫ 気まま家族旅行 ハレの日ご飯の記録3 (夕食)

気まま家族旅行 ハレの日ご飯の記録3 (夕食)


房総半島の最先端に位置する館山洲の崎のお宿「風の抄」の夕ご飯です。
前の記事 → 気まま家族旅行 ハレの日ご飯の記録2

他人が食べた食事を見るだけなのは面白くないかもしれませんが、
私の記録にしておきたいので、あと少しお付き合いください。

tateyama20.png

メニューは季節によって、とれたお魚によって変わるそうです。
まさに、ハレの日のお食事です。

どれを食べても味が良くて、食材が新鮮なせいでしょう、生臭いものが苦手な私ですが、普段敬遠するであろうお料理もすべていただけました。

お腹いっぱいなのに、食べれば入ってしまうという状態で、堪能しました。

前菜 
tateyama09.png

食前酒  今の季節はビワのお酒でした。
tateyama08.png

お作り 新鮮なお魚の豪華舟盛りでした。
tateyama12.png

陶板焼き ホタテの肝ソース焼き
tateyama11.png

蒸し物 秋らしい菊の花びらの餡がけでした
tateyama13.png

チョイスメニュー 
アワビ、または、伊勢エビ、それぞれ調理方法も選べます。
アワビのステーキをお願いしました。
tateyama14.png

酢の物 カマスと地物野菜の落花生餡
tateyama15.png

牛ヒレステーキ 佐賀県伊万里の黒毛和牛
tateyama16.png

磯の夢 お楽しみメニュー (写真右上)
何のお魚か忘れてしまいましたが、カブト焼きとのことでした。
ご飯、味噌汁(漁師汁)
tateyama18.png

香の物 盛りあわせ お茶
tateyama17.png

デザート 紫芋プリン、胡麻ブラマンジェ、栗クラッカー、果物 コーヒーまたは紅茶 
tateyama19.png

陶板焼きを食べた頃からすでにお腹いっぱいになっていましたが、おいしさと、見た目の美しさに誘われて食が進みました。

ハレの料理にはよくある油で揚げたボリューミーな料理がないので、胃がもたれて苦しいというような満腹感ではなかったです。

お食事の後、30分くらい、のんびり横になっていましたら、お腹がこなれて温泉に入りに行く余裕が出てきました。

ここの大浴場には、タオル、バスタオル、ブラシや化粧品などすべて揃っているので、何ももたず手ぶらで行くことができます。

母を連れて、大浴場の温泉も楽しませてもらいました。露天風呂はジャグジーになっていて、気持ちよく入浴しました。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet