ホームスポンサー広告 ≫ しそ(紫蘇)は香り豊かな和製ハーブホーム食べ物のはなし ≫ しそ(紫蘇)は香り豊かな和製ハーブ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク



しそ(紫蘇)は香り豊かな和製ハーブ


しそ(紫蘇)は、ヒマラヤやビルマ、中国などが原産の一年草です。

紫色の「赤じそ」と、緑色の「青じそ」があります。

もともとは、赤じそが一般的で、青じそは変種として後から出てきたものだそうです。

ooba.png

赤じそは、梅干しの色づけに使われたり、乾燥させてふりかけにしたりします。

亡くなった祖母がよく、赤しそと梅酢で漬けた「大根の赤漬け」を漬けていたのを思い出します。

青じそは香りが良いので、刺身のツマや、酢の物、天ぷらなどお料理に使います。

我が家では、酢の物に入れたり、お握りに貼り付けて焼いたり、赤しそより頻繁に使います。
紫蘇の名前の由来ですが、面白い逸話が残っています。

中国の後漢の時代、落葉の男性がカニの食べ過ぎで食中毒を起こしました。

その時、名医の華佗が、紫色の薬を煎じて飲ませたところ、すぐに回復したことから、「紫の蘇る薬」ということで紫蘇と呼ぶようになったとか。

しそには防腐効果があるので、食中毒を防ぐ目的で、刺身のツマなどにも利用されています。

しそは、β(ベータ)-カロチンを多く含んでいて、抗酸化作用があって、老化を促進させる活性酸素を防ぐ効果があり、カルシウム、ナトリウム、カリウム、鉄、ビタミンB1・B2・Cなどの栄養成分も含まれています。

香りはペリルアルデヒドという成分で、胃液の分泌を良くして食欲を増し、胃の働きを良くする効果があります。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。