ホームお家ごはん ≫ 青じその塩漬けを作りました

青じその塩漬けを作りました


伯母からもらった青しその実は、一部を天ぷらにして楽しみましたが、残りは、塩漬けにしてみました。
前の記事→しその実の天ぷら

昔はよく祖母が作っていたもので、当時は大きなザルに1杯、2杯と大量に収穫した実を塩漬けや醤油漬けにして、1年間通して食べていたものでした。

私は、塩出ししたしその実漬けと、刻んだ長ネギのかき揚げが大好物で、よく祖母が作ってくれていました。

sisozuke01.png
しその実は、実を落とさないように、ていねいに水洗いしてザルに上げておきます。

sisonomi01.png

指でこそげ落とすような感じで、枝(茎)から実をはずします。

穂先から下に向かって指を引くようにすると、実がパラパラと落ちます。

sisozuke03.png

今回は、あまり量がないので問題はありませんでしたが、大量にする時は、爪の間がアクで黒くなることもありますのでご注意ください。

気になる時は、フォークの間に挟んで引っ張ると良いらしいです。

sisozuke02.png

実がはずれたら、塩水に1日浸してアク抜きをします。

しその実は78gありました。

私は4本指でつまんだ程度量 (後で計ったら10gくらい) を適当に入れてしまいましたが、正式にはしその実の2%くらいの量が良いようです。

sisozuke04.png

1日浸すと水がアクで茶色くなります。

しその実をザルに上げてよく水切りし、さらに手でよく絞ります。

sisozuke05.png


今回は量が少ないので、ビニール袋の中で塩と混ぜました。量が多い時にはボールの中でよく混ぜてください。

塩は、しその実の重さの約30%くらい。

sisozuke06.png

上から重石をして、1日漬けておきます。

sisozuke07.png

1日漬けた状態。

sisozuke08.png

ビニール袋のままでも構いませんが、一応、シール容器に移しました。このまま冷蔵庫保存します。

sisozuke09.png

30%の塩分はかなり塩辛いので、お料理に使う時はしばらく水につけて塩出ししてください。

お漬け物の香り付けに使う時などは、そのまま入れて、漬け塩の量を調整してください。

スポンサーリンク



関連記事

コメント

ふりかけのように?

こんにちは、

青紫蘇の実たべたことがないです。

くきはさんの漬けたこの青紫蘇のみは

白いごはんにぱらぱらと振り掛けのように

かけたらおいしいですか?

雪花 | 2014.09.28 10:57 | URL


Re: 雪花さん

> 雪花さん

コメントありがとうございます。
紫蘇の塩漬けは、ご飯にかけて食べても美味しいですよ。
混ぜ込んでお握りにするのもオススメです。
機会があったらためしてみてくださいね。

くきは | 2014.09.28 20:04 | URL














管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet