ホームスポンサー広告 ≫ 吉田英尋シェフの「のりのつくだ煮」湿気った海苔をリメイクホームお家ごはん ≫ 吉田英尋シェフの「のりのつくだ煮」湿気った海苔をリメイク

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク



吉田英尋シェフの「のりのつくだ煮」湿気った海苔をリメイク


テレビ朝日の番組「ミラクルレシピ」で新米に合うおかずということで紹介されていた海苔のつくだ煮を作りました、
吉田英尋シェフのレシピ →吉岡英尋シェフののりのつくだ煮

noritukudani01.png

使う海苔は湿気っていても良いということです。

贈答品としていただいたものなど、食べ切れなくて湿気ってしまうことがよくあるので、そんな時のリメイクとしても便利です。
海苔、10枚

吉田英尋シェフのレシピは5枚分だったのですが、1袋分10枚で作りました。
醤油とみりんの分量は、倍にすると味が濃すぎる気がしたので、2倍にしないで、少し減らしました。

noritukudani02.png

海苔を手で細かくちぎっておきます。

noritukudani03.png

醤油とみりんを鍋に入れて火にかけます。

今回は、しょうゆ70cc みりん70cc入れてみました。

noritukudani04.png

ちぎった海苔も入れて混ぜながら煮詰めます。

この時、海苔が鍋肌に張りつきやすかったので、小まめに落とすと良いと思います。

noritukudani05.png

煮汁が無くなる少し前に、レシピにはありませんが、白ごまを大さじ1入れてみました。

ショウガや、青じそなど、プラスすることで変化がつけられそうですね。

noritukudani06.png

煮汁が無くなるまで煮詰めれば完成。

炊きたて新米ご飯にのせて、美味しくいただきました。

ややしっかり目の味付けになりましたので、海苔が10枚でも、レシピ通りの醤油50ml みりん50mlの分量でも良かったかもしれません。

次回作る時に試して見ようと思います。

noritukudani07.png

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。