ホーム食べ物のはなし ≫ おでんの由来

おでんの由来


昨夜は、今年初の「おでん」にしました。
まだ寒くないので、お鍋にはせず、一人ずつの盛り渡しで食べました。

おでんは、地方によって違うみたいですね。

私が住んでいるのは関東ですので、関西の方がいう「関東炊き」というのですかね。

こちらでは、「おでん」と言えばこれです。

昆布だしに、練り物や大根、こんにゃく、昆布等を入れて煮込んだ料理。

oden01.png

「関東炊き」も、もともとは、「広東炊き」だったという説もあります。

中国、広東の人が食べていたごった煮をまねして作ったので、か「かんとんだき」と言われていたとか。
「おでん」という名前は「田楽」から来ています。

田楽は、室町時代頃に食べられ始めた料理で、食材を串に刺して焼く「焼き田楽」と、食材を茹でた「煮込み田楽」があったそうです。

今でも、豆腐やこんにゃく、里芋などを串に刺して味噌をぬった「みそ田楽」がありますよね。

当時の宮廷女官、女房達が田楽のことを「おでん」と言っていたため、一般でもそう呼ばれるようになりました。

今は、みそ田楽のような料理は「田楽」ですが、関東炊きのようなのは「おでん」で、田楽とは言いませんね。


もともと「田楽」というのは、平安時代の踊りのことを指します。田植えの時に豊作を祈って踊った舞いが発展したものです。

串に刺した豆腐が、田楽の高足(1本の棒に乗って飛び跳ねる芸)をしている姿に似ているということで、田楽と呼ばれたのだとか。

oden02.png

そういえば、屋台などで食べるおでんは、今も串に刺してあることがありますね。

食べやすいというのもあるでしょうけれど、もしかすると、田楽の名残なのかもしれませんね。

スポンサーリンク



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © お家のごはんは元気のもと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet